コーセー 米肌 トライアルセットの注文はコチラ

米肌の口コミ|30代40代50代に効果あり?アットコスメの評価と評判もまとめてチェック

 

米肌TOP

 

コーセーから販売されている米肌は、ライスパワーNo.11を使った毛穴対策化粧品です。肌の潤いを守るセラミドが加齢とともに減少していく30代40代50代の女性を対象にしています。

 

こちらではコーセー米肌の口コミや効果などを中心に気になる情報をお伝えします。ラインで使うことを前提にトライアルセットの情報を織り交ぜながらご紹介していきます。

 

米肌にはトライアルセットが3種類

米肌はコーセー化粧品の1つのブランドで、3つの化粧品ラインにそれぞれ以下のトライアルセットが用意されています。

 

  • 潤い体感セット
  • 澄肌美白お試しセット
  • 集中ハリ体感プレミアムセット

 

こちらでは潤い体感セットで手にできる商品の情報を中心にお知らせします。

 

 

米肌の口コミ・評判ピックアップ

まずは米肌の潤い体感セット(トライアルセット)を使った方々の口コミ・評判を紹介します。良い口コミと悪い口コミをそれぞれ数件ピックアップします。

 

米肌の良い口コミ

 

★★★★★★★
米肌のトライアルセットを使ってふわふわしたお肌になりました。
40歳を過ぎてから目立ち始めていたしわがそれほど気にならなくなり、乾燥も軽減されました。トライアルなので使用後の勧誘が気になりましたが特に電話が来ることもなく安心しています。
(44歳・普通肌)


 

★★★★★★
以前から気になっていまして、お肌が弱いからトライアルセットがあるのは助かります。
使ってみてよかったのは美容液とクリームです。美容液はさっぱりとしっとりの中間、クリームはしっとり。特にクリームは乾燥の季節になってもたっぷりなくらい優しい使用感がうれしいです。美容液とクリームは現品を手に入れました。
米肌は毛穴ケアのためのコスメで、私自身毛穴が本当にひどいのでキレイになったとはなりませんでしたが、ちょっと気になる程度の人だったら毛穴が目立たなくなっていると思います。これだけ試せてこの価格なので試してそんはないでしょう。
(37歳・敏感肌)


 

★★★★★★
ライスパワーの化粧品をいくつか試しましたが、中でも米肌がダントツでした。
化粧水は多少ベタベタするものの潤いますし、お肌にグングン浸透してすぐに毛穴への効果を感じました。くすみも取れて均一な状態に。夜につけるクリームも朝までしっとりな状態を維持してくれています。お肌にハリも出て化粧ノリもよくなりました。
気になるのは化粧水で多少アルコールを感じるのでアルコールNGの方にはおすすめしません。
(43歳・敏感肌)


 

米肌の悪い口コミ

 

★★★★
トライアルなのにたっぷりボリュームがありお得感あります。化粧水はメラノCCと一緒に使たからか肌色も明るくなってきました。春秋使うならちょうどよく、夏なら手にあまり、冬には物足りないイメージです。今は夏ですが、何年もできていなかったニキビができてしまったので夏の試用はおすすめしません。
(45歳・混合肌)


 

★★★
石鹸は泡立ちがとても良いです。クレンジングが必要ですが洗い上りがしっかりしているので、刺激に弱い肌にはおすすめできません。化粧水はとろみがありべたつきを感じました。一方でエッセンスはさらりとした使用感で浸透はあまり感じられず、重ね付けを前提とすると使用量は多くなりそう。クリームは私には重いので、夜はいいですが、朝は使いづらいです。
(44歳・乾燥肌)


 

★★★
毛穴が気になり米肌に辿り着きました。トライアル試しましたが、化粧水はアルコール臭がしてさっぱりとした付け心地。毛穴については変化なし。クリームはべたつく感じで使用感はあまりよくなかったです。
(37歳・混合肌)


 

 

米肌のアットコスメの評価は?

 

米肌アットコスメ評価

 

米肌の潤い体感セットを使った人のアットコスメ投稿評価は全部で239件、平均値で4.0です。アットコスメで平均評価5.0以上ついていると良いコスメと考えられる中で4.0は良くもなく悪くもなくという評価になります。

 

実際使った方の口コミを見ても、肌質によって良い悪いがあるわけではなく、使った人次第というところもあるので、気になる方はトライアルセットを使って自分の肌に合うかどうかを実際に試してみるのが良いでしょうね。

 

 

trialset

 

 

失敗しないように使いたい方は次に使い方を紹介していきますので、そちらを参考にしてください。

 

米肌の使い方は?

 

トライアルセットを実際に利用して米肌の使い方をお伝えします。

 

肌潤石鹸の使い方

  1. 泡を手のひらいっぱいに泡立て、お肌の上でさっと滑らせながら、小円を描くように優しく洗顔します。
  2. 泡が顔全体に行き渡ったら、ぬるま湯を使ってきれいに洗い流します。

 

肌潤化粧水の使い方

  1. 化粧水を手のひらもしくはコットンにとり、肌に押し込むようにやさしくポンポンとパッティングしながらなじませます。
  2. 最後に顔全体を手のひらで包み込んでハンドプレスをします。

 

肌潤改善エッセンス(医薬部外品)の使い方

  1. エッセンスを適量、手のひらにとり、顔全体にムラなくのばします。
  2. 最後に顔全体を手のひらで包みこんでハンドプレスをします。

 

肌潤クリームの使い方

  1. 指先にクリームをとり、ひたい・鼻・両頬・あごの5ヵ所に少量ずつ置いてから、顔全体にムラなく丁寧にのばします。
  2. 最後に顔全体を手のひらで包みこんでハンドプレスをします。

 

肌潤化粧水マスクの使い方

  1. 化粧水マスクは洗顔した後の顔にのせ、ぴったりと肌に密着させます。
  2. マスクは3〜5分程度の時間を置いてからはがし、肌に残った液は手のひらでやさしくなじませます。

 

 

以上、各アイテムの使い方を参考に自分の肌に合うように量を調節しながらスキンケアしていただけると良いでしょう。

 

 

米肌の使用感は?トライアルセットを2週間試してみたよ

 

私は35歳で、肌質はTゾーンは夏にテカり、目元や口元は乾燥する、いわゆる混合肌です。夏から秋にかけての季節の変わり目には化粧をしてもポロポロと何かが出てきます。

 

乾燥が原因なのはわかっていたのですが、ベタベタするのが好きではなく、保湿対策はサラッとしたジェルを好んで使っていました。

 

トライアルセットは14日間使えるからじっくりお肌と向き合えるのでうれしいです。

 

米肌トライアルセット

 

それでは1つ1つ使った感想を書いていきますね。

 

肌潤石鹸

洗顔の泡は、少しネットで泡立てただけですが、このようなふわっとした泡ができました。

 

洗顔石鹸

 

泡のキメは、細かすぎず粗すぎずといった感じです。

 

はぬるぬるして流した後も少しべったりした感じが苦手なので乾燥肌対策用の洗顔は不安でしたがこちらはもっちりとした泡が顔を包み、洗い上がりもスッと泡が流れる感じです。

 

すぐに乾燥することもなく、ぬるっとすることもなかったので、気持ちいい洗い上がりでした。

 

毛穴の開きが気になる方に、、というコンセプトにしては、ざらざらしてるわけでもなくこれで、毛穴の汚れは取れるのかなー?という感じ。

 

 

肌潤化粧水

化粧水はねっとりしたのが苦手でしたが、どっちかというとサラサラ。

 

肌潤エッセンス

 

サッと乾いていく化粧水もあるのですが、これはサラサラしているのに時間がたってももっちりした感触でした。

 

手で顔を温めるようにしてじっくり浸透させました。

 

 

肌潤クリーム

クリーム自体はあまり使ったことがなかったのですが、こちらもさっぱりしすぎず、ねっとりしすぎず、私にはピッタリな感触でした!

 

肌潤クリーム

 

これで乾燥が防げるの?と思うくらいさらっとしていて、肌にスーッとなじんでいきました。少しの量でだいぶ伸びるので、コスパは良さそうです。

 

1週間使っていますが確実に、毛穴の開きは少なくなっています。

 

肌自体に驚くような変化はないものの、気になっていた特に頬の毛穴の開きがあまり感じられない!

 

米肌のトライアルセットを使ったのは秋にちょうど差し掛かったころ。毎年悩んでいる化粧がのらない時期ですが、このスキンケアのおかげで今のところファンデがポロポロしません!

 

 

米肌の潤い体感セット(洗顔石鹸、化粧水、クリーム)を2週間使った感想

 

一番違いを感じる時は、朝です。

 

顔を洗う時に手のひらに触れる肌は、今まで感じたことがないくらい、頬がモッチリふっくらして、ハリが出てきました。

 

私自身「ハリはある方」と恥ずかしながら思ってましたが、私が思い込んでいたものはハリでもなんでもなく、ただの普通の乾燥肌だと気づかされました。

 

いろんなトライアルセットを試しましたが2週間でここまで実感できるものはなく、米肌を使ってからは、いつも通りの化粧水の量では手にあまり、首や腕、手の甲までにものばせます。

 

そのくらい肌が再生してきている感じです。

 

肌に吸い込んでいるのは実感でき、その後はつるつるで、化粧水が肌の上をなめらかに滑ります。

 

クリームが必要かな!?と思うくらいですが、ぬるとしっとりします。

 

ハリのおかげでほうれい線も気にならなくなりました。ここ2週間顔のマッサージをやっていないのに、まさか毎日のスキンケアでほうれいせんカバーできるなんて嬉しいです。

 

 

trialset

 

 

米肌は毛穴やほうれい線に効果あり?

 

米肌潤い体感セットの体験談ではほうれい線が亡くなったとお伝えしましたが、そもそもほうれい線の原因はセラミド不足からくるものではなく、以下の3つの理由から来るものです。

 

  • 真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの減少
  • 表情筋の萎縮
  • 脂肪組織の構造の劣化

 

この中でコラーゲンやエラスチンの減少に対しては保湿により予防が可能なので、米肌を使うことにより対応可能ですが、その他の2つの原因については、一定の表情を繰り返したり、太ったり痩せたりを繰り返すことによりできてくるものですので別の対策が必要になってきます。

 

お肌のハリ不足の解消が期待されますが、ほうれい線の解消までは期待できないので注意したほうが良いでしょう。

 

 

米肌に美白効果は期待できる?

 

米肌の潤い体感セットに美白効果は期待できません。一瞬、「当時の肌は白く美しい」というキャッチフレーズで美白効果があるように錯覚してしまいますが、あくまでも潤い体感セットに含まれる商品にはライスパワーNo.11のセラミドを増やす効果が期待できるだけです。

 

澄肌美白セット

 

美白効果ができる米肌のラインは、「澄肌美白お試しセット」で体感できます。澄肌美白お試しセットにある、肌潤美白化粧水と肌潤美白エッセンスには美白有効成分のトラネキサム酸が配合されており、シミを防ぎ、光り輝くような透明感を与えてくれます。

 

毛穴だけでなく美白も求めたいという方は澄肌美白お試しセットをまず試してみることをおすすめします。

 

 

澄肌美白セット

 

 

そもそもライスパワーNo.11って?

 

ライスパワー

 

ライスパワーNo.11は、米のとぎ汁や米ぬか風呂に乾燥した肌をしっとりさせる効果があることに着目し、お米の発酵技術を駆使して生まれた、100%お米由来のものです。

 

ライスパワーNo.11が肌の角層にあるセラミドを作り出し、肌をバリアすることで肌が水分を保持するよう肌質を改善してくれます。

 

ライスパワーNo.11は米を蒸して数日かけてエキスを抽出し、それに酵母や乳酸菌を加えて90日間かけて発酵、熟成させます。

 

ライスパワーNo.11には数十種類のアミノ酸や豊富なペプチド、糖類が含まれており、人工的に作るのは難しいとされています。

 

 

米肌とライスフォースの違い

 

ライスパワーNo.11をウリにしているコスメは米肌の他にもライスフォースがあります。この2つの化粧品を比較してその違いを確かめてみましょう。

 

米肌ライスフォース

 

価格

アイテムごとの価格を一覧で比較してみましょう。

 

米肌 ライスフォース
化粧水 5,500円 / 120ml 8,000円 / 120ml
美容液 7,700円 / 30ml 10,000円 / 30ml
クリーム 5,500円 / 40g 8,000円 / 30g

こうして見てみると、明らかにライスフォースの方が価格が高いのがわかりますね。

 

配合成分をチェックするとライスフォースが高い理由がわかります。

 

成分

成分については、米肌もライスフォースも、ライスパワーNo.11を配合していますが、米肌はライスフォースよりも多くの成分を配合しているため、相対的にライスパワーNo.11の配合量が少ないと考えられます。

 

それは医薬部外品指定が米肌については肌潤エッセンス(美容液)に限られるのに対し、ライスフォースは全商品が医薬部外品指定となっていることからも明らかでしょう。

 

医薬部外品指定となっているということは厚生労働省がその効果を認めたということになるので、より高い効果が期待できます。

 

使用感

容器からの液体の抽出は、米肌が容易なのに対して、ライスフォースは少量ずつしか出てきません。

 

またテクスチャーについては、米肌はとろみがある一方でベタつかず肌になじみやすい一方で、、ライスフォースはベタつきが気になります。

 

保湿力と肌への浸透力という観点ではどちらも素晴らしく甲乙つけがたいといってよいでしょう。

 

 

米肌の安全性や副作用は?

 

米肌は刺激に弱いお肌のために5つのフリー(無香料、無着色、鉱物油フリー、石油系界面活性剤フリー、弱酸性)とアレルギーテストを実施済みで、安全性や副作用に配慮しています。

 

しかし化粧水はアルコール臭がするので、アルコールダメな人だけは使わないほうが良いでしょう。

 

 

米肌の販売店情報

 

アットコスメストア

 

米肌はコーセーがネット通販向けに作ったブランドで、当初はリアル店舗で販売されていませんでした。しかし最近になってアットコスメと提携して、全国にあるアットコスメストア7店舗で販売されています。

 

  • TSUTAYA函館蔦屋書店
  • ルミネ大宮店
  • ルミネエスト新宿店
  • 上野マルイ店
  • ルミネ有楽町店
  • 名古屋タカシマヤ ゲートタワーモール店
  • TSUTAYA EBISUBASHI店

 

しかし残念ながら薬局やドラッグストアなどの販売店で取り扱ってはいませんので、上記アットコスメストアまで行けない場合は、ネット通販で購入するしかありません。

 

ネット通販では楽天やアマゾン、ヤフーショッピング、米肌の公式通販サイトでも販売されています。商品の種類や時期により安く販売されているところは変わってきますので、現品購入したい人は、上記4つの通販サイトをチェックしてみると良いでしょう。

 

 

まずはお得なトライアルセットを

 

初めて米肌を利用する人でテスターが欲しい方はトライアルセットを購入してライン商品をひと通り試すのがおすすめです。トライアルセットの価格は通常価格の77%OFFとかなり安く設定されていますので、まずはこれから試すようにしましょう。

 

 

trialset

 

 

 

page top